橋場だけど虻ちゃん

食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。さて、看護師を養成するための機関といいますと看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、実行している病院がほとんどのようです。ちゃんと個人個人の能力について測ることを目的に、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。自分の能力評価を受け続けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。することは多く、責任は重く、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を目指そうとする人が大勢いるというのは、デメリットに目をつぶることが可能なくらい良い点がたくさんあるということなのでしょう。法律において、看護師というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ですが、急変時や、緊急事態には、場数を踏んでいる看護師であれば、一部の医療行為を許可されてもいいのではないかと考えています。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも仕事の一つです。いきなり緊急手術が行われたり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、めまぐるしく次々と仕事が飛び込んできたりもします。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて職員が大きく減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤のそれを上回ることになります。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療の仕事を行う人々というのはより多く輩出されなければならなくなるでしょう。そういった理由で現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。年々多くの看護師が輩出されているのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが原因として挙げられます。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にも仕事が多くあり、仕方なく残業することも日常茶飯事です。しかし、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、その他報告しておくべきいくつかの事項をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も求められます。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そういう看護師の仕事を続けていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタル面にもつらい部分があると言えます。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知り、実行しているかということも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それを支払ってもらえるでしょう。一方、個人経営の病院になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが普通のようです。時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。数年ほど、看護師として働いているのですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、「転職しよう」と決めたのです。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。その際ですが、出戻ってこれるのかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうしたケースは、実際にとても多いようです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってくる人もよく見られます。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、検討された結果であることがほとんどでしょう。でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに年収が高いということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。ただし、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。もちろん休みはとることができますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が多く、人手不足の一因となっています。結婚、出産、そして育児がスタートしたら安心して託児ができる施設などがなければそもそも夜勤などはできないものです。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより職場に戻ってきたりする人も徐々に増えつつあるようです。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死してしまった看護師もいたのです。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って腕を磨きたいという気持ちからくる、チャレンジ精神からきた動機です。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと当然のように疲れを蓄積していき、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について自覚したりします。休みを自由にとれて、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに衝撃を受けたからです。将来は、あんな仕事をしたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。大変なこともあるのですが、毎日が充実しています。一昔も二昔も前の話になりますが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族が食べていけるようにできる程です。そう、つまり看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。看護師として、毎日激務をこなしているうちに、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。しかしながら、医療機関の種類や、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。病院以外の働き口も看護師には多く、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。しかし、メインの方の職場でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。
さいたま市で闇金の相談